smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
profile
twitter
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< Wiiさんの意外な弱点 | main | サークル写真 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ガベコレ

コンピュータの計算能力は有限だからリソース(メモリ容量とか、HDDのキャッシュとか)管理が大切。確保されたリソースを確実に開放させるための戦略はガベージコレクション(自動ごみ集め: GC)とスマートポインタの二つがよく使われる。

ここではオフィスビルの各部屋の電灯のつけっぱなしを防ぐ、という問題について、電気というリソースの消費をいかに少なくするかを考えよう。

各部屋の出入り口にセンサーを取り付けて、部屋に誰もいなくなったら勝手に電灯が消えるシステムを導入するのがスマートポインタ。定期的に清掃のおばちゃんが巡回して電灯の消し忘れをチェックするのがGCである。

一見スマートポインタの方が先進的に見えるが、コスト面ではおばちゃんが巡回した方が有利である。一般にスマートポインタが用いられるのは次のような場合。

・部屋の数(つまりリソース数)が多く、巡回に時間がかかる
・「誰もいないのに電灯つけっぱなしの無駄な時間」を最小にする必要がある

なによりも既にガベージコレクションが導入されている環境にスマートポインタ的な実装を付け加えることは簡単だが(消し忘れが多い部屋だけにセンサーを増設すれば良い)、GC がない既存の環境に完全な意味での GC を付け加えるのは難しい。(わざわざ電灯を消させるためだけにおばちゃんを雇うのは無駄でしょう)

…さて、これから手書きで GC もどきを実装する必要があるわけだが。

at 03:07, sekky, アレゲな話

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 03:07, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://kuunerutokoro.jugem.jp/trackback/35